社会人が運転免許を取得するコツ

社会人になってから運転免許取得のために教習所に通う場合、一番問題になるのは時間的な制約です。長期休暇を利用して集中的に通える学生とは違い、社会人の場合は常に仕事があります。そのため通いやすい場所にある教習所を選ぶことが大切でしょう。
自宅の近くでもいいですが、仕事帰りにも寄れるように通勤経路の途中にあるのがベストです。また、限られた時間の中で通うことを考えると、予約が取りやすいかどうかというのも大きな問題となります。教習所によっては何回かまとめて予約を取り、1回消化するごとに次の予約を入れるなど取りやすい工夫をしているところもあるので、そのようなところを選ぶといいです。

看護師の場合でも同様で、無理に出勤日にも予約を詰めようとせず、割り切ってシフトがお休みの日に通う方法もオススメです。出勤日は患者の対応で疲れていることが多いため集中力も鈍りがちですし、無理をすれば根気が続かなくなる恐れもあります。週2日~3日通ったとして、おおむね3カ月で免許取得に至るのが標準的なペースですが、少々長引いても構わないというくらいの気持ちでいることが、仕事をしつつ運転免許を取得するための秘訣です。
予約の取りやすさは、通う時期によっても違ってきます。学生が夏休みに入る7月~8月や、卒業前の2月~3月は多く集まるため、どうしても教習所が混雑してしまうのです。そうした時期を避け、混雑が一段落した4月や9月にスタートして繁忙期前に終わらせるのがいいでしょう。