看護師が運転免許を持つメリット

看護師としての勤務を続ける場合には、車通勤が許されていることも重要なポイントといえるでしょう。意外と思う人もいるかもしれませんが、毎日の通勤が楽にできるかどうかも、医療現場の仕事をこなしていくうえでは大切なのです。
そもそも車通勤をするには、運転免許を取得していなければいけないことはいうまでもありません。もちろん、車自体を持っていることも前提となりますが、車種や年式、走行距離などにこだわる必要はなく、毎日の通勤に使えるような車であればそれで十分です。

具体的な看護師の車通勤のメリットといえば、深夜や早朝などの時間帯を問うことなく移動ができる点が挙げられます。公共交通機関である電車やバスは、基本的に深夜や早朝の運行はしておらず、それを見越しての活動を余儀なくされるのです。24時間の体制が求められる医療機関では、車通勤を奨励しているところも少なくありません。看護師の車通勤を奨励するまでには至らなくても、車通勤を認めるからにはそのための駐車場を確保しなければならず、必然的にある程度の規模の医療機関となってしまうのが現状です。
看護師の中には、育児や介護などをしながらの勤務というケースも多く、勤務が終わった後に買い物や子どもの送迎などをする人も少なくないでしょう。そんな時にも自分の車があれば便利です。また、あくまでも緊急時のみの対応となりますが、災害時などには同僚や患者の移動の手段としても重宝されます。